ドイツ公認翻訳士データベース( http://www.justiz-uebersetzer.de/)の使用 – 日本語の解説

ウェブサイトには以下のURLからも入れます:
http://www.justiz-dolmetscher.de/
http://www.gerichtsdolmetscherverzeichnis.de/


クイックガイド

[クリックすると全画面表示で新しいページが開きます。]

scan-1
1. スタートページで「Englische Seite (英語ページ )」をクリック してください。(ドイツ語より英語の方が良い場合。)


scan-2
2.「Search for translators and interpreters(翻訳士および通訳士を検索)」をクリック。


scan-3
3. 「Languages(言語)」の欄にキーボードで「Japanisch(日本語)」とドイツ語で入力してください。その他の入力欄は空白のままにしてください。


scan-4
4. 「Search(検索)」をクリックすると、名前のリストが表示されます。


scan-5
5. 初めの10名のみが表示されていますが、下部の「1000」をクリックすると、ドイツ全土の独日・日独公認翻訳士のリストが表示されます。名前はアルファベット順に並んでいます。このリストに表示されている、ドイツで宣誓した翻訳士による認証翻訳は、(翻訳士の住所のある)州内に留まらず、ドイツ連邦の全域で受理されます。つまり、翻訳士の住所・宣誓を行った連邦州は問わず、このデータベース内に掲載されている宣誓翻訳士の認証翻訳はドイツ全州において有効です。


scan-6
表示内容(ドイツ語表記)
• State: 翻訳士の居住する州
• Court / government agency:翻訳士として公認した裁判所
• Last name: 姓
• First name: 名
• Language: 言語
裁判所で認可を受けた認証翻訳の言語 (外国語からドイツ語に翻訳することが前提となっているため、ここに「ドイツ語」は表示されません。入力された言語は常にドイツ語と組み合わされます。)
表示例、クリスティーネ・シュミット:「Japanisch, Englisch(日本語、英語)」
→これは、シュミットさんが日本語⇔ドイツ語、英語⇔ドイツ語による認証翻訳を許可されていることを示します。
• Postal code: 郵便番号
• City: 翻訳士の居住する都市


scan-7
6. 姓をクリックすると、該当する翻訳士の全情報が表示されます。


scan-8
ページ上部に連絡先、下部に資格内容が示されています。

表示内容(英語)
• Language: 言語
• Interpreter: 通訳の可(✓)/ 不可 (-)
• Date from: 通訳資格取得日[=公認を行った日]
• Until: 通訳資格の有効期限
• Translator: 翻訳の可 (✓)/ 不可 (-)
• Date from: 翻訳資格取得日[=公認を行った日]
• Until: 翻訳資格の有効期限


scan-9
「Language(言語)」の項目内には、さらに資格についての小さな備考欄があります
(一般宣誓:Generally sworn-in、公的選任:Publicly appointed、認定:Authorized、一時的な従事 :Temporarily working、居住国の政府機関:Government agency of domicile state、居住国において本職に対する法規制無し: Profession not regulated in domicile state、公的な認定・選任・ 宣誓による資格無し:Official authorization, appointment and administration of oath not completed)。但し、このデータベース上の翻訳士は全て公認翻訳士の資格を持っておりますので、基本的にこの欄を考慮する必要はありません。


条件つき検索

scan-10
 上記100人以上の公認宣誓翻訳士により認証翻訳された文書は、ドイツ全州において有効ですが、検索する地域や名前を限定する場合には、「Search for translators and interpreters(翻訳士および通訳士を検索)」上部の枠内にもご入力ください。
• 「State(州)」 =特定の州の翻訳士のみを検索
•「Court / government agency(裁判所・政府機関)」=特定の裁判所で公認された翻訳士の みを検索
• 「Last name(姓)」「First name(名)」 =翻訳士の名前で検索
• 「Postal code / City(郵便番号・都市)」=郵便番号、都市を指定して周辺の翻訳士を検索
• 「Working as Interpreter(通訳士として従事)」/「Working as Translator(翻訳士として従事)」 / 「Official authorization, appointment and administration of oath completed(公的な認定・選任・ 宣誓による資格有り)」
* 翻訳士を検索する場合でも、「Translator(翻訳士)」へのチェックは不要です(検索結果に反映されません)。「Search(検索)」をクリックすると、「Translator(翻訳士)」へのチェックの有無に関わらず、常に同じ数の翻訳士が表示されます。
* 通訳士を探す場合には、「Interpreter(通訳士)」へのチェックが必要となります。通訳士は翻訳士より少なく、翻訳士の約半数になります。これは、記述文書を翻訳する翻訳士の全てが口述による通訳業務も行っているわけではないのに対し、通訳士は翻訳も行っていることに因ります。
* データベースには法的に公認を受けた翻訳士・通訳士のみが表示されます。そのため、「Official authorization(公的認定)」のオプションは基本的には不要です。そちらにチェックを入れる必要はありません。
•ボタン 「Country / language(国・言語)」-スクロールして「Japan(日本)」を選び、「Japanisch(日本語)」をクリックしてください。
• ボタン「Language / country(言語・国)」-「Japanisch(日本語)」をクリックしてください。


scan-11
「Search help(検索ヘルプ)」に英語による詳しい手引きがあります。